空き家を早く売却する方法

  • 相続から何年もたっている実家、そろそろ手放したい。
  • 不動産会社に仲介をお願いしているが、なかなか売れない。
  • 今後活用する予定のない倉庫や蔵を早く売却したい。

そんな空き家を持て余して、固定資産税だけ払い続けていませんか? 高くなくてもいいから、とにかく早く手放して楽になりたい。
そんなあなたに、空き家を早く売る方法をご紹介いたします。

空き家をとにかく早く売るために有効的な3つの方法

(1)実績が多く、相性の良い不動産業者を探す

不動産業者は「力を入れているエリア」「得意な分野」「取扱いの多い物件種別」など、それぞれ特徴が異なります。
いくら早く売りたくても、最初から一社だけに決めてしまうことはやめましょう。
戸建ての仲介、賃貸の紹介、土地の売買、投資物件の運用など、不動産会社によって得意分野が異なります。
不動産会社との相性が合わず、損をしてしまう場合があるからです。
かならず複数社を比較して、自分と似通ったケースの実績が多く、相性の良い不動産業者を探すことが重要です。

(2)仲介で売る場合には専任媒介より一般媒介を選ぶ

専任媒介とは、一つの不動産屋とだけの契約が原則です。
もちろん相性が良ければ、早く高く売れる可能性がありますが、物件が売れるか売れないかはその不動産会社の営業力や熱心さに大きく左右されてしまいます。
一方で一般媒介では、複数の不動産屋と媒介契約を結べますので、露出が多くなり物件が売れる確率は上がるのが一般的です。
よほど信頼できる良い不動産会社だという確証がない場合は、一般媒介がおすすめです。
また、専任媒介は他社の媒介により成約した時には違約金が発生してしまうので、媒介形態を選ぶときには十分注意しましょう。

(3)業者に買い取ってもらう

「買取」という方法は、一切広告活動を行わずに不動産会社、買取会社などの業者自体に直接売却する方法です。
そのため、一般的に約3か月前後かかると言われる売却期間が、たったの数日もしくは数週間程度まで短縮できます。
住み替えのタイミングを調整したい方や、少しでも早い現金化を望む方には、おすすめの方法です。
さらに、仲介のように一般の方に売るわけではないので、新しい住人の方から「雨漏りがしていた」、「床が傾いている」などクレームが付くこともありません。
仲介より圧倒的に早く、安心して売却できるのが買取の特徴です。

空き家の早期売却は信頼できる不動産会社を選ぶことが重要

遠方に所有している不動産を、現地訪問せずに売却する方法は色々ありますが、共通して言えることは信頼できる不動産会社・代理人を選ぶことです。
それが不動産売却を成功させるコツとも言えます。
弊社では、遠方不動産の売却のご相談はを随時お受けしています。
遠方にある不動産の売却でお困りの方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

無料査定ご相談はこちら!

TEL.0800-800-0847

受付時間 9:00~18:00(水曜定休)

サイト内リンク一覧